職種探究・採用プログラム「職ラボ」(7職種)のイメージ

職種探究・採用プログラム「職ラボ」(7職種)

職種になりきり適性を探る1日ワークショップ
クライアント
株式会社レガシード
カテゴリ
教材・プログラム開発
担当スタッフ
岩田拓真
杉野亮介

自分にあう「職種」を探る

自己分析をして「自分を知る」ことや会社訪問などを通じて「会社を知る」ことが重要視されている就職活動。これらに加えて「職種を知る」ということも大切です。自分の興味関心に合った職種にたどり着くためにはその職種の本質とはなにかを理解する必要があり、そのためには(疑似)体験が欠かせません。

疑似体験とはいえ、本格的な職業探究ができる

職業探究・採用プログラム『職ラボ』では、1日のインターンシップの中で、1つの職業のリアリティや魅力をゲーム形式で疑似体験できます。『営業BtoC』編では架空の商品・サービスをリアルな顧客に提案・販売する体験ゲームで営業力を、『SE』編ではクライアント企業からの設計依頼に対してチャートでプログラムを設計する複数ミッションに挑戦しながら設計力を、それぞれ磨きます。その道のプロでも本気で頭を悩ませるような本格派の内容ばかりです。

これまでに『営業BtoC』編、『営業BtoB』編、『SE(システムエンジニア)』編、『工場製造』編、『点p運営』編、『物流管理』編、『施工管理』編の7職種を開発しました。

自社の採用プロセスを魅力的に

エイスクールが開発した本プログラムを様々な企業に提供するのは、人材採用コンサルティング会社のレガシード。新卒採用市場が激化するなか、各企業の魅力を学生に適切に伝え学生・企業双方のニーズにマッチした採用を行うために、本プログラムを活用いただいています。本プログラムの導入にご関心のある企業の方は、株式会社レガシードまでお問い合わせ下さい。

その他の事例